発音が同じ言葉を使って面白い話を作る

発音が同じ言葉を使って面白い話を作る

細菌と最近という言葉は同じ響きがありますが、実際にはその意味が全く異なるものであり、このような事が日本語の難しいところでもあります。

私たち日本人でも、結構日本語に対して苦労する事が日常的に考えましても、幾つかの事が実際にあるのではないでしょうか。

日本人でさえ、母国語に対してこのように思っているくらいですから、その日本語を学習されている海外の方達にとりましては、もっと日本語は難しいと思われている事が考えられます。

しかしその難しさを逆手にとって、面白おかしく表現される事があり、それがいわゆるギャグに繋がっていきます。

最近と細菌の表現方法と意味の違いから、面白い話題へと発展させていくには、それなりに知恵が必要となります。

結局お話しの流れを考えていく上でも難しい事には変わりありません。

例えばビフィズス菌という言葉では如何でしょうか。

ビフィズス菌という言葉の響きでその他に意味をなすものとしましては、あまり考えつくものがありません。

ギャグはできにくいものと考えられます。

多くがヨーグルトに取り入れられていますが

細菌の種類は実に様々なものがありますが、多くの細菌は私たち人間にとりましては悪い影響を及ぼすような菌として考えられています。

しかし細菌の中には、私たちの体内で良い効果を生み出してくれるような菌もいたりして、その事に対しましては、私たちは少し不思議な感じがするようになるかも知れません。

しかし実際にもそのような効果が確認されている事から、色々な食品に様々な菌が取り入れられている現状があります。

スーパーに売られている食品の中にも幾つかの菌が取り入れられていますが、その中の一つとしましてビフィズス菌というものがあります。

ビフィズス菌に関する事

テレビの宣伝でもよく聞かれる名前である事が考えられますが、例えばスーパーに売られている食品の、どの食品にこのビフィズス菌が取り入れられているのでしょうか。

これもテレビの宣伝でよく言われている事でしょうが、その主な食品とはヨーグルトが考えられます。

ヨーグルトの他にも、様々な乳飲料にも取り入れられている事もあり、このように幾つかの食品に取り入れられている事が分かります。